おまとめローンの正しい知識

消費者金融系の貸金業者や、銀行系のカードローンなどの普及で、非常に多くの機関からお金を借りれるようになった現代ですが、そのサービスや金利・形態などは多種多様で、条件や用途に応じて多くの貸金サービスの中から最も条件の良いものを選ぶ必要があります。本当に各業者によって金利の設定や貸付限度額、返済方法などがバラバラですから、人によってはその時に応じた一番良い金融から借入をするという人も少なくはないのではないでしょうか。
その他に住宅ローンや自動車ローンなど、普段借金や分割支払いを組まない人でも、人生の中では必ず一度くらい貸金業者にお世話になることがあるかと思います。そんな時に知っておきたいのが、このおまとめローンの存在でしょう。おまとめローンとは、今までに借りてきたさまざまな債務をひとつの業者に一本化することで、効率的で計画的に返済をおこなっていこうと言うシステムです。
とくに、用途や都合によってバラバラの金融機関からお金を借り入れている人では、金融によって返済期間も金利も返済日もバラバラですので煩わしさを感じたことのある人も少なくないでしょう。長期的な借入の場合、こうした金利の差が非常に大きな損失を生むことだってあります。返済を一本化することで、総額が大きくなりますので、ここで細々と借入をするよりも金利は確実に安くなりますし、返済日やその他のシステムに戸惑うこともなくなります。
しかし、本当におまとめローンは得なのでしょうか?おまとめローンのメリットやデメリットはどのような部分にあるのでしょうか。
今回はそんなおまとめローンについて、しっかりとした知識をつけていき、今後多重債務者となってしまった際にも動揺しないようにしていきましょう。
そして残念ながら、こうしたおまとめローンの利便性を悪用した詐欺やヤミ金融の存在も後をたちませんので、そのような手口などを考えていくとともに、債務相談や債務整理についてもしっかりとした知識を身に付けていこうと思います。

おまとめローンの対象

おまとめローンは、総量規制の対象外とされるケースがほとんどです。まず、銀行のローンでいうと、銀行は貸金業者とされていないため、貸金業法で定められている総量規制を受けず、おまとめローンについても総量規制の影響は受けないことになります。また、貸金業者のローンについても、顧客に一方的に有利となるローンの借り換えについては総量規制の例外とされるために、これも対象外といえます。

総量規制は貸金業者が顧客の不利になるローン契約をすることを防ぐために制定されたものであるという見方もできるため、顧客が有利になるサービスについては対象外とされるわけです。有利な借り換えというのは、具体的には、毎月の返済額や返済総額が少なくなることです。

ただし、総量規制の対象外であることでおまとめローンの審査にクリアできるかというと、これは別の問題になります。総量規制の対象外となっていても、ほかの条件をクリアできなければ、年収の3分の1以上の借入れに限らず借入れ自体ができないこともあるのです。

まず、おまとめローンは年齢20歳以上でないと利用できない金融サービスと規定されているので、年齢20歳未満であれば、これもおまとめローンの対象外といえます。それに、銀行や貸金業者など、それぞれが基準としている条件などによっても規制されます。ローンが組めるようになるには、その金融機関の基準となっている条件をクリアし、なおかつ総合的な判断を待たなければなりません。

銀行のおまとめローンについては、借金の返済を目的としたものであるため、目的による審査をクリアできないということはありませんが、審査自体が厳しいので、クリアできるか不安なときは、中小規模の貸金業者のおまとめローンを利用してもいいかもしれません。というのも、最近では銀行よりも低い金利で借りられるサービスが登場してきているためです。

キャッシングを短期で利用するのに最適な会社
短期でキャッシングを使うなら無利息期間がある大手の会社を利用するのがコツです。しかも低金利であれば払う利息が少なくて済みます。

今すぐ借りたい
今日中にお金を借りたいというときに役立つのが即日振り込み可能なキャッシングです。低金利の所を選ぶのがポイントです。

このページの先頭へ